飯食ってる時が一番幸せ

20歳貧乏精神病アイドルオタクが社会に溶け込もうと必死に頑張っています

平手ステージ落下事件の流れ、見てて心底気持ち悪かった

欅坂46の全ツ千秋楽公演に行ってきた。

なんと席はAブロックの前から10列目ほど。ステージも花道も近く、まさに神席といった感じでワクワクしながら開演を待っていた。

始まって数曲終わり、5th表題曲のガラスを割れが始まり、ラストサビで平手が花道を駆け抜けて行くのには正直圧倒された。鳥肌もたった。この時はひょっとしてこのライブは当り回なんじゃとも思わせられるくらいには平手の調子が良かった。

ガラスが終わりメンバーたちによるMCが始まる。しかし平手の姿は見当たらなかった。

「あー、早速平手ダメになったかな」とも思った。制服と太陽で出てこないのにはファンも少し焦ったんじゃないかなと思う。

二人セゾン、避雷針も小池、渡邉による代理センター。ここで「あー…」ってなった。

2回目のMCでキャプテン菅井から「てちがガラスを割れの時にステージから落下して大事を取って病院に搬送された」と告げられ客席がどよめきが起こる。

「戻りたい戻りたいといっている」とも言っていたがこの言葉を聞いた時「いや、それは絶対言ってないだろw」とツッコミ入れそうになった。そんなにステージに戻りたがるような子が普段のライブであんな気怠くめんどくさそうにパフォーマンスするわけがない。

まさに普段から素行が悪いため本当にやばい状況になっても演出だと思われてしまう、まさに狼少年といったところだ。ヤフーニュースで取り上げられるも「演出」や「話題作り」などの辛辣なコメントが寄せられかなり炎上している始末。

どうもキナ臭かったのがセゾンの小池ソロダンスとWアンコールに間に合ったところだ。

今年4月に開催されたアニラでの代理センターは小池だったがソロダンスを披露したのは原田だ。原田がいるならともかく、原田不在かつ突然の状況に対して都合よく小池がソロダンスを披露できるだろうか。(追記:小池の独断での即興と言及があったみたいですね。佐藤に突然マイクを渡したのは目撃してましたが。ごめんなさい)

そしてWアンコールにちょうど間に合ったところもなんか妙に疑わしかった。2mの位置から落下したとなると万が一の可能性も考え、精密検査なども済ませてくるはずだ。1時間ぽっちで終わるものじゃない。それでステージに返す医者も医者だが。実際に会場に救急車が来たそうだが、近くにカメラがあったという噂も。本当にドキュメンタリー用の映像のための演出なんだろうか。ただ演出とはいえ国民の税金で支えられてるものを演出に使うのは如何なものかと…

サイレントマジョリティーの平手パートをファンが合唱するところは悪い意味で鳥肌がたった。無意識に口が「気持ち悪っ」と動いてしまった。モーセ見たかったなぁ。

菅井の口からは21人の絆あーだこーだいっていた気がする。

ダブアンではひらがなも漢字メンバー全員揃ってるわけではないのになぜかW-K。 

メンバーが号泣しながら歌ってるのもなぜかゾッとしてしまった。

周りのファンにも何人か泣いてる人いたけど、なんで泣けるのか全くわからなかった。もう暫く欅のライブに行くのはやめようとも思った。ダメだ。ファンが気持ち悪すぎる。本当にこれをこのまま美談にしていいのだろうか。

ただ今回の鈴本は本当に良かった。アンビバレントともう森のキレキレのダンスが未だ脳裏に焼き付いている。100万点。推しの渡辺梨加さんをずっと眺められたから席に関しては2億点。

ただ今回のライブはとてもいい神席で、見てはいけない宗教の本質に似たものを垣間見た気がした。